*

逆まつげの手術の方法(画像付き)失敗やリスクについても

公開日: : 病気や悩み


AKBのメンバーが手術を受けたとして話題になった逆まつげ。

 

 

これをきっかけに知ったという方も多いと思います。中には、実際に逆まつげで悩んでいる人もいるかもしれませんね。

 

 

ですが、手術と一口に言っても、一体どんな手術をするのでしょうか。気になりますよね。

 

 

この記事では、そんな「逆まつげの手術」の具体的な方法や、リスクについてクローズアップしていこうと思います。

 

< スポンサードリンク >

逆まつげの手術の方法(画像付き)

 

では、逆まつげはどんな手術をするのか、見ていきましょう。

 

方法の名前としては「埋没法」「切開法」というものなのですが、これだけ聞いてもピンと来ない方が多いと思います。

 

 

埋没法は、皮膚の一部を埋没させて針で縫って止めるというものです。場合によっては1針や2針で済むこともあるので、嬉しいですね。

 

 

美容整形手術を受けたことのある方には、結構一般的かもしれません。

 

 

一方の切開法ですが、言葉で説明するのはちょっと難しいですしイメージを湧きにくいと思うので、画像を確認しながら説明をしていきたいと思います。

 

グラフィックス1
画像引用元:www.veriteclinic.net

 

まずはこちらの画像をご覧ください。

 

 

画像にあるように、まつげ下の皮膚、丁度涙袋のあるあたりを目のラインに沿って切開します。

 

 

そしてその部分を切り取ると、逆まつげが治った状態になります。

 

グラフィックス2
画像引用元:www.veriteclinic.net

 

それから縫合をしたら手術は終わりです。

 

 

これを見る限りでは、美容整形とあまり変わらないように思えますね。

 

 

手術時間もあまりかかりませんし、プチ手術と考えても良さそうです。

 

<スポンサーリンク>

逆まつげの手術!失敗やリスクについて

 

手術そのものは簡単で気軽に受けられるということがわかりました。

 

 

しかし、美容整形と同じように失敗はないのでしょうか?心配ですよね。

 

 

そこで、ちょっと調べてみました。

 

その結果……残念なことではありますが、やはり多少のリスクは仕方のないことのようです。

 

 

特に切開法についてですが、体験談の中には顔の印象がガラリと変わってしまったという話もありました。

 

 

また、失敗というほどではないですが、やはり切開をするとどうしても傷跡が残ってしまうので、女性の方にはネックかもしれません。

 

 

また、埋没法であっても腫れてしまったり、切開法と同様に多少傷跡が残ったいう方や、中には抜糸する前に化膿してしまったというケースもあるようなので、なかなか安心できません。

 

 

リスクについては、主治医の先生とよく話し合ったほうがよさそうですね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

もしよければ、こちらの記事も合わせてどうぞ。

 

>>>逆まつげの手術!保険や費用が気になる!「腫れ」についても

 

リスクを知ると、手術が怖くなってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、病院でしっかりと話をして、アフターケアについてもよく聞いておけば、過度に心配する必要はなさそうです。

< スポンサードリンク >

関連記事

グラフィックス2

駐車場の当て逃げは防犯カメラでばれる?検挙率や「逃げ得説」、罪についても!

  夏の行楽シーズン到来で車でのお出掛けが多くなる頃ですね。  

記事を読む

f8c341fef27d0a9c5a8f25c33e64576e_s

冷房病の症状は寒気や微熱?眠気や腹痛も!温度を快適にするには!

暑い夏。昔は、29度ぐらいが最高気温でした。今では40度とか体温より暑い日もあります。 &nb

記事を読む

グラフィックス2

魚の骨が喉に!放置で溶ける?違和感が続くなら病院は何科へ行く?

    魚を食べていて、骨が喉に刺さってしまった!  

記事を読む

グラフィックス2

正露丸の効果は下痢に効かない?止まらない理由!予防として使える?

大阪は吹田市。ここにはあるスゴイ噂話があります。(本当かは知りません)   「

記事を読む

グラフィックス1

耳鳴りの原因は?症状は「ジー」低音や「キーン」など!

あのうっとうしい耳鳴り。   毎日、起きると、ジーとかキーンとか聞こえちゃって

記事を読む

pic06

女性の汗の臭い対策!原因は食べ物?酸っぱい臭いの原因は!

5月に入り、暖かい日が増えてくると汗ばむ陽気の日もちらほら。   そうなっ

記事を読む

グラフィックス1

魚の目とタコ・いぼとの違い!芯の取り方は道具や手は痛い? 皮膚科に行くべきか?

皆さん、足の裏に自信ありますか?筆者は人様にはとてもお見せできないです。なぜって固くてカチコチの部分

記事を読む

グラフィックス1

末端冷え性の手足対策!治し方は?男性だって注意が必要!

  末端冷え性という症状を皆さんはご存知ですか?   手足の末

記事を読む

グラフィックス1

子供が風邪!お風呂は何日目から入れていい?

子供は免疫力が少ないため、風邪を引きやすいですよね。   私が以前勤めていた職

記事を読む

グラフィックス7

過敏性腸症候群(ガス型)は何科?薬は?食事で症状を緩和!

過敏性腸症候群(ガス型)とは、どんな症状がおこりますか?   この病気の診断は

記事を読む

PAGE TOP ↑