*

ゴキブリ対策の時期!猫がいる部屋では?ハーブもおすすめ!

公開日: : 最終更新日:2018/04/02 夏の生活


突然ですが、私は「G」に良い思い出がありません…。いや、そもそも「G」に良い思い出なんて誰にもないですよね。

 

 

そう、名前を言うのも怖いのです…ハリーポッターのなんとかモート卿、ではなくゴキブリさんの話です。言っちゃった!

 

 

気温が上がり、ゴキブリさんたちも活性化!

 

ゴキブリ対策をしなくっちゃ!!…ってあれ、そういえばゴキブリ対策の時期っていつからが良いのでしょう?

グラフィックス1
引用:http://www.irasutoya.com/

 

ゴキブリ対策といえば、猫がいる部屋では、猫がゴキブリに向かってダッシュ!!やめて~!なんてことも少なくありません。

 

また、ゴキブリ駆除剤を部屋に置いた場合、それが猫にとって有害でないか心配です。

 

どうやら市販の薬品ではなくてゴキブリ除けのおすすめハーブもあるみたいです。

 

そんな気になるゴキブリ対策について教えます。

 

今年こそはゴキブリに驚かないぞ~!(震え声)

 

< スポンサードリンク >

ゴキブリの対策の時期!

 

ゴキブリさんたちだって生きています。

 

産卵だってしますし、幼虫や卵で越冬だってします。

 

温かい気温も大好き。20度を超えるとゴキブリさんたち活性化、25度以上になるとゴキブリさんたちにとってパラダイス!なのだそうです。

グラフィックス2
引用:http://mametisiki.net/

 

確かに、前の職場は水飲み場が多い所だったのですけれど、都内で6~7月の蒸し暑い夜になると、小さいのやら大きいのやら「一家総出!?」って感じでいっぱい出てきたんですよね…。あれがパラダイスだったんですね、今思うと…。

 

 

というわけで、6~7月がゴキブリが一番多く発生する時期だそうなのですが、

 

室内だったり温かい所であれば、一応季節関係なく出てくるそうです。

 

そこで、ゴキブリ対策の時期は発生する前の段階でしておく必要があります。

 

また、涼しくなってきた秋は、ゴキブリにとって産卵の時期なのだそうです。

 

この卵や幼虫の時に一掃しておくことも大切です。

 

よって、ゴキブリ対策の時期は「4~5月(春先)」「10~11月(秋、越冬する前)」が望ましいと言えるでしょう。

 

ちなみに、バルサンでしたら一度散布後、2週間後にもう一度掛けると良いのだそう。

 

ゴキブリ団子を使う場合は夏に一度交換してください。

 

 

特に秋は産卵の時期ですので、この時期は掃除を徹底的にホコリや食べかすなどを残さないようにしましょう。

 

 

掃除後、ブラックキャップなどの卵や幼虫にまで効く毒餌を使い、その後バルサンで全体にダメージを与えると良いみたいです。

 

 

また、ゴキブリ駆除剤は何種類か揃えておくとより効果があるそうです。

 

外から入ってこないように、ゴキブリがくぐってきそうな隙間をガムテープや網で塞ぐ事もオススメします。

 

<スポンサーリンク>

ゴキブリの対策!猫がいる部屋では?

 

猫がいる部屋で、ゴキブリが出たら…!

 

 

猫は動物界でもハンターですから、トカゲやチョウチョなどを捕らえているショッキングな場面に遭遇したことのある飼い主さんも多いと思います。

 

 

しかも、何かを捕まえた後って、猫は飼い主さんに誉めてもらいたくて見せにくるんですよね。実家の猫も、モグラ、ヒヨドリ、カナヘビ…いろいろ持ってきましたっけ。

 

そんなですから、ゴキブリも猫は当然のごとく補食します。

 

目の前で食べるのはやめてくれ~!ですが、くわえて持ってくるのも心の中でやめてくれ~!です。

 

 

ちなみに、ハムスターやリスも虫を食べる性質があるので、むしゃむしゃしてるな…と思ったらハムスターがゴキブリ補食…!なんて場合もあるそうです。

 

 

ゴキブリは虫なので貴重なタンパク源と思えばしょうがないのかもしれませんが(?)、怖いのはゴキブリに殺虫成分が浸透していた場合です。

 

 

猫がゴキブリに噛みついたり、ゴキブリを食べてしまった場合、ゴキブリの体についている殺虫成分も猫の体に入ってしまいます。

 

虫を死なせる威力があるのですから、ゴキブリ駆除剤は基本的に毒です。

グラフィックス3

引用:http://t510t410.eshizuoka.jp/

 

室内飼いの猫や犬にはもちろん、バルサンなどの煙系駆除剤を焚いた時は、水槽にいる生き物にも毒になります。

 

虫かごや水槽で飼っている生き物には特に気をつけてください。

 

ゴキブリ駆除剤は毒ですが、ペットや子どもに毒性の低い駆除剤を選ぶことができます。

 

成分に「ヒドラメチルノン」や「フィプロニル」が含まれている駆除剤は毒性が低いです。

 

また、ホウ酸が使われている駆除剤も毒性は低いみたいです。

 

もしくは、ハーブ成分由来の防虫剤が良いでしょう。

 

いくら毒性が低いと言っても毒には変わりないので、猫の手が届かないところに置くことが大切です。

 

駆除剤も、プラスチックのケースに入っていて、中の薬品に猫が触れられないような物を選びましょう。

 

 

予防としては、アルコールや乾いた場所もゴキブリは苦手なので、ウォッカなどのアルコール数が高いお酒をスプレーしておいたり、猫もゴキブリも嫌いな柑橘系のニオイのするスプレーを吹きかけておいても良いですね。

 

 

そして、これが一番大事な事で、「キャットフードは放置しない」事です。

 

ドライフードは蓋付きの容器に入れたり、ウェットフードは食べかすが付いたお皿を長時間放置しないようにしましょう。

 

ゴキブリの対策にハーブがおすすめ!

 

ゴキブリの対策に使えるハーブがあります。

 

ゴキブリは刺激のあるにおいが嫌いで、甘い香りが大好き。

そこから考えて、

 

レモン、オレンジ、グレープフルーツ」などの柑橘系

ミント ハッカ ラベンダー ティーツリー」などの清潔系

クローブ シナモン セロリ、キャラウェイ、ナツメグ」などのスパイス系

 

ゴキブリの嫌いなハーブです。

 

バニラやベリーなどの甘い香りは逆に引き寄せるので使わないようにしましょう。

 

柑橘系の香りに関しては、オレンジやレモン洗剤を使うだけでゴキブリが寄りつきにくくなります。

 

これらのハーブを育てたり、置いたりするのが効果的です。

 

ハーブのポットであれば、ベランダやキッチンに。

 

摘んだハーブは乾燥させてドライハーブにし、キッチンペーパーにつつんでゴキブリの出そうな所に置きます。

 

スパイスと組み合わせても良いですね。

グラフィックス4
引用:http://josei-bigaku.jp/

もっと強力にハーブの力を使いたい場合は「アロマオイル」がオススメです。

 

できるだけ、100パーセント精油由来の物を使うと良いでしょう。

 

ゴキブリが苦手なハーブのアロマオイルを使って、オイルスプレーを作ると便利です。

【追記】

アロマオイルはゴキブリ対策としては有効ですが、読者様からご指摘いただきました。

猫ちゃんにはアロマオイル(精油)が体内に入った時に成分を分解する酵素がありません。
分解酵素を持っていないと、精油の成分は毒性となり蓄積されていきます。
蓄積され続けると死に至る事もあります。
特にラベンダーは禁忌とされています。

作り方は簡単で、アルコール除菌スプレーのボトルにアロマオイルを5~10滴入れる、それだけです。

これならどこでもシュッとひと噴き、香りでリフレッシュも兼ねて使えますね。しかし、上記した通り、猫のいる部屋での使用には注意してください。

< スポンサードリンク >

関連記事

3771031afa79018fcf49b5974de7b4ef_s

熱中症の症状!子供の熱や寒気、頭痛は?対策は!

みなさんは、熱中症って知っていますか?   実は、私は熱中症を知りませんでした

記事を読む

PAK78_amenosibuya20141220150640500-thumb-815xauto-5900

関東の梅雨入り時期を予想!ついでに梅雨明けまで!2015年

春陽気の中にも、夏日になる日が多くなって来ましたね! このまま一気に夏に!っとなれば凄く嬉しいんで

記事を読む

f8c341fef27d0a9c5a8f25c33e64576e_s

冷房病の症状は寒気や微熱?眠気や腹痛も!温度を快適にするには!

暑い夏。昔は、29度ぐらいが最高気温でした。今では40度とか体温より暑い日もあります。 &nb

記事を読む

グラフィックス1

自販機の当たりの確率は法律で決定?サントリー、キリンなどは?時間切れについても!

暑い夏ももう終わり?なんて油断していると残暑にやられてしまうそんな時期ですね。  

記事を読む

a21

エアコン掃除の頻度は?スプレー使用時の問題点!使い方など

まだ夏は遠いのに、夏日と呼ばれる暑い日がちらほらとあるようになってきましたね!  

記事を読む

グラフィックス4

蚊の対策!部屋にスプレーはこれ!赤ちゃんがいる場合は?

  暑い夏になると気になるのが蚊ではないでしょうか。   昔な

記事を読む

136066

冷房病の対策は食事?食べ物とグッズで2015の夏を乗り切る!

  まだ春が終わるか終わらないかなのに!っとこの時期になると毎年のように言っているよ

記事を読む

グラフィックス1ee

湿気対策は髪の毛も!特に前髪が男は!部屋干しはどうなの?

もうすぐジメジメとしたいやな季節がやってきますが、湿気対策は大丈夫ですか?  

記事を読む

グラフィックス1

麦茶の作り方!煮出しと水出しどっち?水道水はどうなのか?麦からも!

6月1日は麦茶の日で、全国麦茶工業協同組合さんが各地でイベントを開催しています。  

記事を読む

pic06

女性の汗の臭い対策!原因は食べ物?酸っぱい臭いの原因は!

5月に入り、暖かい日が増えてくると汗ばむ陽気の日もちらほら。   そうなっ

記事を読む

PAGE TOP ↑