*

胃酸過多のツボは手や足裏にある?お灸もオススメ!

公開日: : 最終更新日:2015/06/07 病気や悩み


 

私たちは食事と睡眠と、動いて生活をしています。このサイクルが狂うと体の不調をおこします。

 

 

ここでは病院で治療をするほどではない胃酸過多の症状をツボやお灸でケアをする方法を説明します。

 

< スポンサードリンク >

胃酸過多のツボは手や足裏にある?

胃酸過多は、食事を消化する時に分泌される胃酸が必要以上に出ることで苦しむ病気です。症状は胸やけ、げっぷ、吐き気です。

 

 

ここでは、胃酸過多を体のツボでケアをする方法をお伝えします。ツボは東洋医学の考えをもとになりたっている代表的なものです。私たちが風邪などのトラブルで受診する病院は西洋医学ですがその違いをご説明します。

 

 

  1. 東洋医学(胃酸過多などは体の全部が悪いとみて、ツボなどを使って体調をよくする)
  2. 西洋医学(胃酸過多でひどければ薬を処方する)

 

 

そもそも、ツボは、体のいろいろな場所にあります。しかし、最初に体調不良をなおすのにセルフケアがしやすい、「手や足裏」のツボを説明していきます。

 

 

まず、手のツボをご紹介します。親指のつけねあたり【17番】が「胃」のツボです。

グラフィックス12

グラフィックス1
引用:http://www.dr-foot.co.jp/

 

親指のつけねの下あたり【17番】にあります。完璧なツボの位置というのはプロでも判断が難しいので周辺をしっかりと刺激して自分の効くと感じるところを探しながら刺激してみてください。

 

 

続いて、足裏のツボは、足の裏の上の部分あたりにあります。

グラフィックス2
引用:http://ashitubo.jp/

 

それでは、ツボ押しで胃酸過多がラクになるコツをご説明します。

 

 

1.手と足の裏の真ん中が人の体を整える自律神経のツボなのでここを特に強くケア

2.特に眠っている間に細胞が元気になります。寝る前に手や足の裏の全体をもみほぐしてコリコリしたところをなくしましょう。

3.スキマ時間に、100円ショップで売られている「ツボ押し」の棒で手の全体を刺激

4.家庭や職場で健康サンダル(突起物があるタイプ:100円ショップにある)を履く

(足裏に痛みがあるなら体調が悪い証拠。厚手の靴下を履くなどの工夫がいる)

 

 

ツボの刺激をしつづけることで、体が整います。そのため、日常生活にとりいれる方法がお勧めです。

 

胃酸過多のツボにお灸もオススメ!

 

胃酸過多のツボをお灸で、しっかり刺激ができます。お灸のにおいが気にされる方も多いために「せんねん灸」の「火を使わないお灸世界*太陽」などがお勧めです。

 

 

多くは、ドラッグストアにあります。お店に商品がなくてもインターネット通販で売られています。

 

 

私も火を使わないお灸をよく使うのですが、服を着たままで地肌に貼れて、煙やにおいもありません。もちろん、やけどの心配もないのです。

 

 

それなのに、ジワット身体が温まって一般のお灸と同じ効果があります。ぜひこちらを使うのはお勧めです。

 

 

お灸でツボを刺激するなら、胃の裏側にある「かくゆ、かんゆ、ひゆ」(画像を参考)という場所がお勧めです。

 

 

その理由は、背中を整えることは自律神経が整うことにもつながります。だから、胃酸過多のケアだけじゃなくて身体が元気になります。

グラフィックス3
引用:http://health.goo.ne.jp/

 

また、ツボの位置は、鍼灸師が数十年もかかり、やっと正確な位置がわかるようになるほど奥が深いです。

 

 

だから、あなたがツボの位置にこだわる必要はありません。自分が心地よいと思ったら元気になっている証拠と考えてください。

 

 

また、お灸を使い続けていくうちに、ここが「自分のツボの位置」とわかるようになってきます。

 

まとめ

ツボは専門の本が安く売られており、100円ショップ等のグッズを使えばより効果的にできます。胃酸過多は、食べ物などにも気をつける必要はあります。また、火を使わないお灸もそれほど高くはありません。ツボ療法は地道に続けたら確実に体調が整うためにお勧めです。

< スポンサードリンク >

関連記事

グラフィックス1

鼻の中がかゆいのはアレルギー?原因や薬について

鼻の中のかゆみ、ムズムズムズムズ、なかなか我慢できませんよね。   くしゃみが

記事を読む

グラフィックス1

しゃっくりの原因や止め方は?お酒やストレスとの関係性について

すっかり忘れていた頃に、突然やってくる、ひっくひっく…。 そう、「しゃっくり」です。 &

記事を読む

グラフィックス1

胃下垂が太らない理由!実は嘘?治し方には腹筋以外も!

胃下垂ってよく聞くけど結局のところなんなの?   簡単に言うと胃が少し伸びて長

記事を読む

グラフィックス2

寝起きの頭痛や吐き気!昼寝は?こめかみの痛みやめまいの原因

あなたが、朝起きたら、頭痛とか、吐き気がおこったらどうしますか?   ここでは

記事を読む

グラフィックス7

過敏性腸症候群(ガス型)は何科?薬は?食事で症状を緩和!

過敏性腸症候群(ガス型)とは、どんな症状がおこりますか?   この病気の診断は

記事を読む

グラフィックス6

足裏の角質や水虫に効く薬やパック!画像でチェック!

ジメジメムシムシしてくる季節になると、足のムズムズが気になってくる人もいるのではないでしょうか。

記事を読む

グラフィックス2

いびきの原因!突然なるのは?遺伝もある!歯ぎしりや寝言の原因ついて

今まで、家族には、いびきがうるさいなんていわれたことがなかった。   でも、パ

記事を読む

グラフィックス1

耳鳴りの原因は?症状は「ジー」低音や「キーン」など!

あのうっとうしい耳鳴り。   毎日、起きると、ジーとかキーンとか聞こえちゃって

記事を読む

グラフィックス2

魚の骨が喉に!放置で溶ける?違和感が続くなら病院は何科へ行く?

    魚を食べていて、骨が喉に刺さってしまった!  

記事を読む

グラフィックス6

猫背!整体は保険が効く?整体で治るのか治らないのか?ストレッチが簡単!

猫背の人って印象はどうでしょうか?   職場でも、家庭でも、「年齢より老けてみ

記事を読む

PAGE TOP ↑