*

逆流性食道炎の治療にガスターは効かない?姿勢や食べ物も影響!

公開日: : 最終更新日:2015/06/07 病気や悩み


みなさんは、逆流性食道炎って知っていますか?

 

 

私は、ある交流会で、お会いした方にこの病気の方がいました。その方は、会が終わるまでずっとしゃっくりが止まらなくてつらそうだったのです。

 

 

その人が言われていた病名は逆流性食道炎。その時は、病気に対する知識がなかったし、そばにいて何もできなかったのが気の毒に思いました。ということで逆流性食道炎の謎にせまります!

 

< スポンサードリンク >

逆流性食道炎の治療にガスターは効かない?

まず、逆流性食道炎の基本を解説していきます。

 

1.逆流性食道炎とは?

胃液が食道に戻されて、食道の粘膜が炎症する病気。

グラフィックス1
引用:http://www.qlife.jp

 

2.症状と診断

胸やけやしゃくりなどの症状があったら、内科にいってください。そちらの検査をうけると判断されます。

 

 

3.治療

症状が軽い場合は、胃酸の分泌を抑えるガスターが多く含まれる薬(ガスター20)を処方されることもあります。それ以外なら、もっと強力な薬が出されるとか手術をするケースも考えられます。

 

 

ちなみにCMなどよくやってる胃痛や胸焼けに効く市販薬の「ガスター10」逆流性食道炎の場合は効かないという声が多いみたいです。しかしガスター10とガスター20の違いはただ有効成分である「ファモチジン」の量が違うだけです。

 

 

「ファモチジン」とは簡単言うと脳に「胃酸の分泌を少なくしなさい!」と命令する効果のある薬です。

 

 

市販のガスター10ではその「ファモチジン」の量が病院で処方されるものよりも少ないので、逆流性食道炎が長期化している方や、深刻化してる場合には効果が弱い事が多いです。

 

 

病院で処方されるガスター20でも効かない場合は、そのことを病院の先生に伝えてもっと強い薬にするなどの対策をする必要があります。

 

<スポンサーリンク>

 

逆流性食道炎の治療には姿勢や食べ物が影響?

逆流性食道炎と診断され、治療には医師から薬は飲むようにいわれて、日常生活の注意点をうけたものの、日常のケアがいまいちわからない方も多いはず。

 

 

ここでは、セルフケアをわかりやすくご説明します。

 

 

  1. 姿勢を正しくしましょう!

グラフィックス2
引用:http://img.enfactory.jp/

 

 

体のゆがみは、内臓のゆがみにつながるのです。もちろん、太らないように気をつけることも必要です。

 

 

私は市でおこなう検診で、胃の形がいびつと指摘されて、肺がんの検診で毎年精密検査になります。原因はすべて肥満なのです。おなかの大きさで、臓器が圧迫されてしまっているとは医師からの話。

 

 

つまり、太っている人や腰が曲がっている方が、逆流性食道炎が多いのはうなずけます。

 

 

  1. 食べ物の見直しをしましょう!

日本人といえば和食です。簡単にいえば、「ごはん、味噌汁、納豆、豆類」などを食べ続けてきています。

 

 

それに比べて今は、「肉料理、ハンバーガー」など欧米化しているのです。欧米化は悪いことではありません。しかし、日本人の体質にあってないとはいえます。

5c0e525c18e4ebf2f3ff16eb65364472_s

そのため内臓が無理をしてしまい、逆流性食道炎になっている可能性もありますよ。

 

  1. ストレス改善を考えましょう!

病院では、ストレス度を数値で調べることはできません。しかし、心と体の影響は大きいです。

 

 

心に限界を感じると、体に影響をもたらす可能性はあります。不眠などの日常生活にたえられない場合は、心療内科などの病院へ

 

 

しかし、なんとなく気が重い程度なら、カウンセリングなどでの専門家と話をするだけでも気がラクになることはありえます。

 

まとめ

逆流性食道炎は、本人しかわからないつらさをかかえる病気です。さらに、この病気は命に別状がありません。しかし、食道の炎症が食道がんをひきおこす可能性があります。

 

がんの経験者として話をしますと、がんではなおりやすいタイプとなおりにくいものがあるのです。残念ですが食道がんはとてもなおりにくい。そのため注意が必要です。だからこそ、逆流性食道炎を体から危険のメッセージと考えてしっかりなおしてほしいですね!

< スポンサードリンク >

関連記事

グラフィックス2

やる気がでない!うつではないのは甘え?仕事以外も眠いし疲れるのは!

「なにも考えたくないなぁ」と思うことはおおいですか?   なんでおおいのか、なんで

記事を読む

グラフィックス8

かさぶたがかゆい!対処法や薬はある?かゆみの理由についても!

  子どもの時は良く気になってました、「かさぶたのかゆみ」。  

記事を読む

pic06

女性の汗の臭い対策!原因は食べ物?酸っぱい臭いの原因は!

5月に入り、暖かい日が増えてくると汗ばむ陽気の日もちらほら。   そうなっ

記事を読む

グラフィックス1

逆まつげの手術!保険や費用が気になる!「腫れ」についても

  逆まつげって、何のことか分かりますか?まつげの逆、ということは下まつげ?

記事を読む

グラフィックス1

魚の目とタコ・いぼとの違い!芯の取り方は道具や手は痛い? 皮膚科に行くべきか?

皆さん、足の裏に自信ありますか?筆者は人様にはとてもお見せできないです。なぜって固くてカチコチの部分

記事を読む

グラフィックス1

過呼吸で泣く原因は?「しびれ」もある!対処法について

みなさんは、過呼吸という症状を知っていますか?     正確に

記事を読む

グラフィックス1

口内炎が治らない原因!白いし唇にできたのは!痛くないのって?

仕事や勉強がハードな時期が続き、「最近、生活リズムが不規則になってるな…」と思っていると、いつの間に

記事を読む

グラフィックス1

しゃっくりの原因や止め方は?お酒やストレスとの関係性について

すっかり忘れていた頃に、突然やってくる、ひっくひっく…。 そう、「しゃっくり」です。 &

記事を読む

グラフィックス3

逆まつげの手術の方法(画像付き)失敗やリスクについても

AKBのメンバーが手術を受けたとして話題になった逆まつげ。    

記事を読む

グラフィックス6

足裏の角質や水虫に効く薬やパック!画像でチェック!

ジメジメムシムシしてくる季節になると、足のムズムズが気になってくる人もいるのではないでしょうか。

記事を読む

PAGE TOP ↑