*

唾液が少ないのは病気?原因や対策についても!改善するための治療法

公開日: : 臭い対策


唾液。口の中にあるコレ、ご存知の通り消化液の一つで、私たちの健康を保つのに様々な役割を果たしてくれます。

 

しかしこの唾液が少ないという症状を訴える人が多いそうで、これを「ドライマウス」(医学的には口腔乾燥症)と呼びます。

 

今回はこの「唾液が少ない」症状と原因、改善のための対策や治療についてご紹介します。

 

< スポンサードリンク >

唾液が少ないのは病気?原因や対策についても!

唾液って不思議ですよね。梅干しを見るとキュッと分泌されたり、緊張すると口の中がカラカラになったり。

 

うちの子供はお餅が大好きで、保育園から帰った後に「今日はお餅つきしたんだったね」と話しかけた瞬間に、口からダーっと唾液が溢れてきたことがあります(笑)。

 

唾液には、消化のほかにも、口の粘膜を覆うことで飲み込んだり声を出したりする際の「潤滑油」の役割や、ほかにも味覚を感じるための役割もあるのだそうです。また抗菌作用があるとか!(お母さんが適当に「ツバでもつけときな!」とかいうのは実は正しいのか?)

唾液が少ない女性画像

ではこれが減るというのはどんな病気なんでしょう。

 

口の中の唾液が少ないというのは、つまり「唾液の分泌が少なくなる」また「口の中の水分が過剰に蒸発する」ということです。この原因として以下のようなことが考えられます。

 

  • 口呼吸をしている

鼻が詰まったときなどにありがちですが、口呼吸をすると口の中が乾燥しやすくなり唾液が少なくなります。

  • カフェインの摂りすぎ

カフェインが原因とは意外に思えますが、コーヒーや紅茶の利尿作用は一時的な脱水状態につながり、唾液の分泌が抑えられます。

  • 水分の不足。

これは納得の原因。

  • 嚙む回数が足りない

モグモグと嚙むことで唾液の分泌が促されます。柔らかいものや早食いのために嚙む習慣が減ると、唾液が少ないことの原因になるのですね。

 

<スポンサーリンク>

 

唾液が少ないのを改善するための治療法

唾液が少ないと、先に挙げた潤滑油としての機能や、抗菌作用なども失われますし、口臭の原因になったりもします。ぜひ改善したいところですね。

口臭が気になる女性画像

まずは上記のような「口呼吸」「カフェイン過多」「水不足」といった原因を取り除くことが必要です。

 

「嚙む回数」については、子供のころからの食習慣が体質につながるとも言われており、子育てをしている方は、つい食べやすいからと柔らかいものに偏らずに、しっかり嚙ませる料理も出しましょう。

 

日常的な習慣を気を付けても改善が見られない、といった場合は、医療機関を受診し、治療を行うことも考えましょう。口の中を保湿する液剤を処方してもらったり、原因が薬の服薬による副作用と診断がされれば、薬の見直しなども検討します。

 

また口呼吸に起因する場合は、特に寝ているときの口呼吸が気になる場合などは、いびきの治療と同じように、テープによって治す治療などもしてもらえます。

唾液が少ない対策画像
画像引用 http://www.lion-dent.com/

また手軽に使用できる「人口唾液」というのもあるそうです(写真)。これは通販などでも購入することができるので、すぐに治したいという方は試してみるのも良いかもしれません。

 

唾液が少ない状態を放っておくと、虫歯や歯周病になってしまうこともありますので、皆さん気を付けてみてくださいね。

< スポンサードリンク >

関連記事

pic06

女性の汗の臭い対策!原因は食べ物?酸っぱい臭いの原因は!

5月に入り、暖かい日が増えてくると汗ばむ陽気の日もちらほら。   そうなっ

記事を読む

PAGE TOP ↑