*

かさぶたがかゆい!対処法や薬はある?かゆみの理由についても!

公開日: : 子供, 病気や悩み


 

子どもの時は良く気になってました、「かさぶたのかゆみ」。

 

ちょっと範囲の広いケガをしたときに限って、治りかけがかゆ~い!!

 

グラフィックス8
引用:http://hukumusume.com/

 

かさぶたのかゆみの対処法や薬は、あるのでしょうか。

 

そもそも、かさぶたのかゆみの理由は何なのでしょうか?

 

今回はかさぶたの謎にせまります。

 

< スポンサードリンク >

かさぶたがかゆい!かゆみの理由は?

 

そもそも、かさぶたとは何なのでしょう?

 

 

かさぶたは、フィブリンという体内で作られる繊維と血小板が固まった物で、新しい皮膚ができるまでの、言わば止血栓です。かさぶたには、傷を保護する役割もあります。

 

 

固いのは乾燥しているわけではなくて、あくまでも、血小板が固まっているからなのだそうですよ。

 

グラフィックス5
引用:http://s.ameblo.jp/tinpanburiburi/

 

そんなかさぶたがかゆくなる理由は、かさぶたの下で新しい皮膚が出来ていこうとする際の炎症反応が、かゆみの神経を刺激するからなのだそうです。けがをしたときは、「痛い!」といった感覚が、しだいにキズが治るに従って、「かゆい!」という感覚に変化していくから、という説もあります。

 

 

そこから分かるのは、かさぶたは「はがしてほしいからかゆくなる」のではなく、「もうすぐキズが治るよというサイン」だと言うことですね。

 

かさぶたがかゆい時の対処法や薬はある?

 

かさぶたの下では傷ついた皮膚を修復し、新しい皮膚が生まれようとしています。なので、かさぶたを無理に剥がしてしまうとかえって傷跡が残ったりしてしまうのです。

 

 

そうは言っても、特にお子さんは我慢できなくて、かさぶたがかゆくて、触って引っ掻いてしまう場合が多いですよね。

 

 

かさぶたがかゆい時の対処法はどうしたら良いのでしょうか。

 

それには、

 

・かさぶたを保護する

・炎症反応を抑える

 

の2つの対処法があります。

 

 

虫に刺された時もそうですけれど、「かゆい」のって大人もなかなか我慢できないですよね。

 

そこで、かさぶたの上から絆創膏やガーゼを貼ってしまいます。

 

そうすれば、かさぶたに直接触れられないので、引っ掻いたり、剥がしたり、といった事が少なくなります。

 

 

もう1つの対処法ですが、かさぶたがかゆいのは新しい皮膚が出来ようとしている炎症反応であることから、かゆい時は熱をもっている場合が多いのです。

 

 

そこで、保冷剤をタオルに包んだり、冷たい水で絞ったタオルでかさぶた部分を覆って冷やしましょう。

 

かゆみがだいぶ和らいでくるのが分かります。

 

炎症を抑えるという意味で、かさぶたがかゆい時に薬を使う方法があります。

 

グラフィックス6
引用:http://www.qlife.jp/

 

日邦薬品工業から出ている、「ボルネF」という塗り薬が化膿止めにも効きますし、かさぶたを剥がれやすくしてくれて、傷が治りやすくなるそうですよ。

 

 

また、もしもうっかりかさぶたを剥がして、傷跡が残ってしまった場合にも効く薬があります。

 

小林製薬の「アットノン」という薬です。

グラフィックス7
引用:http://www.kobayashi.co.jp/

 

出来てから1~2年以内の傷跡ならキレイに治すことができるようです。

 

どちらの薬もドラッグストアで購入できます。

 

 

最後に、かさぶたの対処法ではないのですが、かさぶたが出来る前に、新しい皮膚を作りやすくする、けがの対処法があったので紹介します。

 

 

けがをしたら、まず、傷口の汚れ(泥、膿)などは水で洗い流します。

 

 

傷口は乾かさない(かさぶたを作らない)のが目的なので、止血をしてから、ワセリンやラップで傷口を保護するか、専用の絆創膏(キズパワーパッド等)で傷口を保護します。するとかさぶたよりも先に新しい皮膚ができるのだそうです。

 

< スポンサードリンク >

関連記事

グラフィックス3

逆まつげの手術の方法(画像付き)失敗やリスクについても

AKBのメンバーが手術を受けたとして話題になった逆まつげ。    

記事を読む

pic06

女性の汗の臭い対策!原因は食べ物?酸っぱい臭いの原因は!

5月に入り、暖かい日が増えてくると汗ばむ陽気の日もちらほら。   そうなっ

記事を読む

グラフィックス1

口内炎が治らない原因!白いし唇にできたのは!痛くないのって?

仕事や勉強がハードな時期が続き、「最近、生活リズムが不規則になってるな…」と思っていると、いつの間に

記事を読む

グラフィックス1

逆まつげの手術!保険や費用が気になる!「腫れ」についても

  逆まつげって、何のことか分かりますか?まつげの逆、ということは下まつげ?

記事を読む

グラフィックス1

逆流性食道炎の治療にガスターは効かない?姿勢や食べ物も影響!

みなさんは、逆流性食道炎って知っていますか?     私は、あ

記事を読む

グラフィックス6

足裏の角質や水虫に効く薬やパック!画像でチェック!

ジメジメムシムシしてくる季節になると、足のムズムズが気になってくる人もいるのではないでしょうか。

記事を読む

グラフィックス1

赤ちゃんの目やには風邪?緑や片目だけ!充血や鼻水などの症状について

朝起きて赤ちゃんの目を見たら、目やにだらけだった!なんていうことはありませんか?  

記事を読む

グラフィックス2

子供が頭痛と嘔吐!低体温との関係は?

子供を育てている家庭では、鼻水やセキなどの少々の風邪は慣れっこになってしまうことも多いのではないでし

記事を読む

グラフィックス2

七五三のお祝い金!姪っ子や甥っ子の相場やプレゼント!孫の場合は?

  七五三は親戚あげてのイベントだったりします。   身内に七

記事を読む

グラフィックス1

魚の目とタコ・いぼとの違い!芯の取り方は道具や手は痛い? 皮膚科に行くべきか?

皆さん、足の裏に自信ありますか?筆者は人様にはとてもお見せできないです。なぜって固くてカチコチの部分

記事を読む

PAGE TOP ↑