*

運動会の綱引きのコツや必勝法が知りたい!掛け声は効果ある?

公開日: : 秋の行事


 

運動会の綱引き、盛り上がりますよね~!!

 

大勢で綱を引く醍醐味、たまりません。

 

でも、そういえば綱引きのコツや必勝法ってあるのでしょうか。

 

グラフィックス1
引用:http://www.ii-s.org/

 

また、「そーれ!そーれ!」みたいな綱引きではお馴染みの掛け声は、効果があるのでしょうか。

 

運動会に役立つ、綱引きのコツや必勝法、掛け声の効果を教えちゃいます!

 

< スポンサードリンク >

運動会の綱引きのコツは?掛け声は効果ある?

 

運動会の綱引きのコツは、4つ

 

1.綱の持ち方

2.立ち位置と体の方向

3.視線

4.綱の位置

 

です。

 

 

それに加えて

 

 

・掛け声の効果を利用して、チーム全員の息を合わせること

 

 

が大切になってきます。

 

 

4つのコツは下の必勝法で詳しく説明するとして、

 

ここでは掛け声の効果について説明しましょう。

 

絵本『おおきなかぶ』をご存知でしょうか。

 

おじいさんを筆頭に、家族みんなで力を合わせてかぶを引っこ抜くお話です。

グラフィックス2
引用:http://mocotyan.seesaa.net/

 

あの物語では、「うんとこしょ、どっこいしょ」と掛け声を合わせて引っ張るのがお馴染みですが、綱引きも同じです。

 

 

「チーム全員の、大きなまとまった力を一定のリズムでかけていくこと」が運動会の綱引きには大切なので、掛け声はそれを引き出すのに充分効果があるのです。

 

 

「せーの!」「おーえす!」「どっこいしょ!」「そーれ!」掛けやすい言葉ならなんでもかまいません。

 

 

最後のアクセント(「の」「えす」「しょ」「ーれ」)でみんなでまとまって引っ張りあげることが大切です。

 

 

逆に、始めのアクセント(「せー」「おー」「どっこい」「そー」)では力を加えない分、相手に引っ張られる隙を与えてしまうので、掛け声を掛ける間隔は短い方が良いとされます。

 

 

短時間でチーム全員の力を合わせて、引っ張る、他の運動会の競技に比べて、綱引きにはよりチームワークが必須だといえますね。

 

<スポンサーリンク>

 

運動会の綱引きの必勝法が知りたい!

 

運動会の綱引きのコツは、

 

 

1.綱の持ち方

2.立ち位置と体の方向

3.視線

4.綱の位置

 

 

4つであると説明しました。

 

 

では、それぞれのコツをもとに、綱引きの必勝法を説明していきましょう。

 

 

1.綱の持ち方

 

綱は利き手の方を体に近づけて持ちましょう。

 

そして、脇をしめるか脇でロープをはさみます。

 

鉄棒の逆上がりと同じで、脇を締めて体をコンパクトにすることで力が分散するのを防ぎ、引きつける力を強くします。

 

 

2.立ち位置と体の方向

 

ロープを挟んで、右利きさんはロープの左側へ、左利きさんはロープの右側に立つようにしましょう。

 

体は正面を向き、両足は同じ位置に置きます。

 

その状態のまま、上のようにロープをもち、肩で引くように、体を使って引っ張り上げるようにします。

 

 

3.視線

 

視線は斜め上、空を見るようにしましょう。そうすると胸を張れる体勢になるので、綱を大きな力で引っ張ることができるようになります。

 

 

4.綱の位置

 

グラフィックス3
引用:http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/

 

ロープは真っ直ぐであればあるほど、力がまとまって加わります。

 

また、ロープの高さもそろえて均等に大きな力が加わるようにして引っ張りましょう。

 

体重が重い方が綱引きには有利なので、重心は低くします。

 

綱を持ったらしゃがみ込むのも効果的です。

 

腰や肩の位置で綱をキープして、縦にも横にも綱が真っ直ぐになるようにしましょう。

 

また、綱に加わる力がより大きくなるのは、中央がやや高めになった時なので、配置の時に、背の高い順で並ぶと良いでしょう。

 

 

あとは、

 

 

  • 「等間隔で力が加わる」ように、男女交互に並べたり、1人1人の間を1メートル間隔、残り2メートルほど綱を残すようにし、綱全体に力を加えられるようにする。
  • 滑りにくい靴を履く。
  • 最後尾に体重が一番重い人を配置し、ロープを体に巻き付けて綱が動かないようにしてもらう。

 

 

などの必勝法を加えれば、今年は必ず綱引きで優勝できるはずですよ!!

 

< スポンサードリンク >

関連記事

グラフィックス9

七五三の髪型【3歳】髪が少ない(薄毛)や短い女の子はどうする?

  今年は初めての七五三♪   ママやパパはもちろん、じいじに

記事を読む

グラフィックス1

台風の風速の目安や定義って?飛行機が「飛ぶ」or「欠航」の基準は?

  そろそろ、台風の季節に差し掛かってきましたね。   台風が

記事を読む

グラフィックス1

お歳暮のお礼状【縦書きの書き方や個人向けの文例を紹介】

暑い夏みなさんどうお過ごしでしょうか?私は完全に溶けています。   暑い夏みな

記事を読む

グラフィックス3

六義園の紅葉2015の見頃!混雑状況は?デートにおすすめ?

  江戸の二大庭園と名高い、東京の駒込にある六義園。徳川5代将軍・綱吉の時代(169

記事を読む

グラフィックス20

全身黒いトンボは縁起が悪い?スピリチュアル的にどうなの!名前は?

  子どもの頃の話です。   祖父母の家の、田んぼの前を通った

記事を読む

グラフィックス2

松茸が人工栽培できない理由?自宅で成功するには?

2016年夏に北海道を襲った台風のためジャガイモ不足となり、2017年春「ポテトチップが品薄に!」と

記事を読む

121003

幼稚園の運動会のダンス曲2015!嵐は?衣装も気になる

運動会の開催が最近では気温などの関係から、早いところでは7月などに行われる事も多くなってきたようです

記事を読む

グラフィックス2

巾着田の彼岸花の見頃!2017の開花状況は?

秋のお彼岸のシーズンに忽然と咲く「彼岸花」。   その名所である巾着田(きんち

記事を読む

グラフィックス3

ハロウィンの由来「かぼちゃ」「ケルト」はどうして?ジャックオーランタンも!

  10月31日は、ハロウィンです。   私たちがハロウィンと

記事を読む

グラフィックス1

月の表面温度の夜と昼!クレーターの数や裏側の謎について

月面探査と聞いた時、皆さんが思い浮かべるのはアメリカのアポロ計画ではないでしょうか。 &nbs

記事を読む

PAGE TOP ↑